【厳選】英語・多読初心者のあなたにおすすめしたい!楽しく読めた洋書・本10選

今回はボク自身が英語の多読に取り組んできた中から、初心者の方におすすめしたい本を10冊ピックアップしてみました。

この記事を見てくださっている方の中には、受験や資格試験を目標にしている方もいれば、コミュニケーションツールとして英語を学びたいという方もいることでしょう。

目標は人それぞれであっても、「英語力を高めたい」という思いは同じですよね。

ボクは現役の英語学習者として、またこのブログの運営者として、さまざまな学習法をリサーチし体験してきましたが、英語力アップ、とりわけ英語脳の養成のために最適なのが「読む」ということだと考えています。

実際に、有識者の中にも「多読」の有用性を訴える方が数多くいます。

以下では、これから「多読」に取り組む初心者の方にぜひおすすめしたい本を、ボク自身がこれまで読んできた中から10冊に絞って紹介します。

10冊に絞る上で重視したのは、①【レベル】=初心者でも(おおまかに)読めること、②【内容】=実際に読んでみておもしろかったこと、③【ボリューム】=比較的短時間・短期間で読めることの3つです。

ボク自身もまだまだ英語初心者だと思っています。

ネット上でおすすめされている本のまとめではなく、あくまでもボク個人があなたに近い目線でチョイスした本の紹介ですので、あらかじめご理解ください。

英語を学び始めた方や多読のコンテンツ選びで悩んでいる方にとって、有益な情報が含まれているはずです。

ぜひ最後までご覧ください。

※サクッとおすすめ本だけ知りたい方はこちら

アシスタント

この記事では以下のような情報を知ることができます。

  • そもそも多読って何?多読の概念・特徴
  • 多読で得られる効果・メリット
  • 多読の始め方・初心者が気を付けるべきこと
  • 多読の本の選び方・レベル / 興味別の選び方
  • 筆者のおすすめ本10選・それぞれの本のおすすめポイント

この記事を書いた人

ヒラク

TOMOSU BLOG 運営者・執筆者

早稲田大学政治経済学部政治学科卒 / TOEICスコア 現在920点

目次

多読って何?英語初心者入門ガイド

多読とは?英語学習における基本概念

そもそも「多読って何?」という点を簡単に説明します。

さまざまな解釈があるでしょうが、よく「多読」「精読」と対比されて取り上げられます。

「精読」は文章の構造や細かい文法を理解しながら読み進めていく方法です。

それに対して「多読」文章全体の流れをおおまかに理解しながら読む手法です。

“おおまかに理解”という点がポイントで、「多読」においては意味の分からない単語があってもその都度調べるようなことはせず、全体としてある程度理解できればOKなのです。

英文を読むときに、ボクたちはどうしても「すべてを正確に理解しなければダメだ」と考えてしまいがちですが、そういう意識を捨てる必要があります。

よくよく考えると、日本語の本を読むときだって「ここよくわかんないなぁ」と感じることってありますよね。

「多読=多く読む」ですので、質よりも量を重視し、たくさん読むことを通じて英文のパターンを認識したり、資格試験では出会うことのない英語表現に触れたりすることを目的として取り組みましょう。

とある英語学習者

わからない部分を飛ばしちゃうのって抵抗あるんだよなぁ。

英語の神様

多読では飛ばしてOKじゃ!精読学習との意識の切り替えが必要じゃ!

多読の効果とメリット:初心者向け解説

多読には本当にたくさんのメリットがあるので、ここではボクが個人的に感じた効果を紹介したいと思います。

最も大きな効果としては、「英語脳になる」という点があげられます。

英文を理解しようとするときに、日本語に置き換えたり、返り読みしたりする必要がなくなり、「英語を英語として」読み進めることができるようになります。

また、「ボキャブラリーを固める」という点も大きな効果として感じました。

英語学習者であれば、英単語は単語帳などで学習することが普通でしょうが、多読では生の英語を通じて英単語に触れることができるので、学習した英単語がどのように使われているのかを具体的に知ることができます。

単語帳で学習しただけだと「英単語の表面的な意味を知っている」という状態ですが、多読によって「ボキャブラリーに深みが増す」と言えばよいでしょうか。

例えば、ボクは単語帳の学習で【 devastate 】という単語を「(国・地域など)を壊滅させる」という意味で覚えていました。

ボクの脳内では【 devastate 】=「戦争で国がめちゃくちゃになる・治安が悪くなる」みたいなイメージで定着していました。

それはそれで正しいのですが、多読を通じて、国・地域などのモノ・コトだけでなく、人に対しても使うということを知りました。(人の心を“壊滅する=ボロボロにする”という意味でも使われる。)

「この単語、そういう使い方するのか…」「実際にはこういう文脈で使うんだ」といった感じで、新たな発見がたくさんありました。

多読によって英単語をさまざまな切り口から学ぶことができ、そのことが単語帳での学習にも生かされて相乗効果があったように思います。

とある英語学習者

ボキャブラリーの“深み”かぁ。確かに単語帳学習に足りない部分だなぁ。

ヒラク

単語帳の学習も大切だから、両者を並行して行うのがベストなのかも。

多読の始め方:初心者向けヒントとコツ

多読の始め方として、ボクが提案したいのは「勉強という意識を捨てる」ということです。

あまり難しいことを考えずに、娯楽感覚で取り組むことが大切だと思います。

ボクは今でも多読を続けていますが、自分の好きなジャンルだけを選ぶようにしていますし、飽きたら読むのをやめるということもよくあります。

NETFLIXで見始めたドラマがつまらなくて途中でやめるのと同じ感覚です。娯楽なのでそれでいいと思っています。

不思議なもので同じ「多読」であっても、“勉強”という意識が働くと途端に息苦しくなってしまいます。

気楽に本を手にとり、好きなものだけ読み進める。途中でやめても罪悪感を感じる必要はない、ということを意識して取り組むことをおすすめします。

ヒラク

ボクは飽き性なので、読むのやめちゃった本が結構あります。あー、これも飽きちゃったー。

とある英語学習者

このブログ大丈夫かな…。

英語多読初心者・本の選び方ガイド

初心者向け英語多読本の選び方

今回おすすめの本を選ぶにあたり、①レベル②内容③ボリュームの3つを重視したことはお話しました。

その上であなたに提案したいのは、「『楽しい』を最大化できるベストミックスを目指す」ということです。

多読は長期的な視点で取り組む必要があります。そのためにはやはり、楽しくなければいけませんよね。

しかしひとくちに「楽しい」と言っても、個人差がありますし、同じ人間であってもその時々の英語力・関心・気分によって変化していくもの。

例えば、英語力に自信のない方であれば、いくら自分の興味のあるジャンルの本であっても、①レベルの易しいものでなければあまり楽しめないでしょう。

その一方で、ある程度英語力のある方がいつまでも難しい本にチャレンジするのを避けていると、刺激がありませんし、英語力だって伸びていきません。

はじめのうちは①レベル重視になってしまうのはやむを得ないとしても、できるだけ早い段階から、②内容③ボリュームを重視する選び方にシフトしていくのが良いのではないでしょうか。

そして、本選びで悩みがちという方に提案したいのは「悩んだら全部読んじゃえ!」ということです。

学校の教科書やテキストとは違い、多読本は1冊に絞る必要なんてありません。

同時並行でもかまわないので、とりあえず手にとってみて読みはじめることをおすすめします。

あなたの「楽しい」を最大化できるベストミックスを見つけましょう!

ヒラク

多読を重ねると、③ボリュームが少ないものだと物足りなくなっちゃいます。

とある英語学習者

②・③にシフトしていくためにも、日々の英語学習も頑張らなくっちゃ。

レベルに合わせた多読本の選び方

レベルを重視する方にはGraded Readers (GR)がおすすめです。

以下でもいくつか紹介しますが、Graded Readers (GR)とは、それぞれの本を英文の難易度ごとにレベル分けしているシリーズで、ラダーシリーズピアソンリーダーズなどがよく知られています。

それぞれTOEICスコア別・英検の級別にランク分けしているので、あなたの英語力に応じて選ぶとよいでしょう。

またamazonの洋書販売ページなどを見ると、「この本はTOEIC400点~」といった感じでレベルを教えてくれているものもありますので、読んでみたい本があればそのようなサイトでチェックしてみるとよいと思います。

ヒラク

とは言っても、TOEICスコアの目安に縛られる必要はないと思います。

アシスタント

TOEICスコアだけで全てを測れるわけではないので、あくまでも参考程度に考えましょう。

興味に合わせた多読本の選び方

興味に合わせて本を選びたいという方には、難易度に関わらず自分の“好き”にこだわることをおすすめします。

やっぱり自分の「好き」に向き合っている方が長続きしますし、結果的に英語力アップにもつながりやすいですからね。

ボクはよく「好きなドラマの原作本」「日本語版で興味をひかれた本のオリジナル版」を探すことがあります。

先日は何となくamazonを見ていたら、自分の興味に刺さる本を発見。著者を見ると海外の方だったので、英語版を探し、購入しました。

自分の英語力よりも明らかに難しそうな本でしたが、①レベルよりも②内容(興味)を優先したわけです。

実際に脳科学者の茂木健一郎さんは英語の多読について、初心者がいきなり最難関にチャレンジすることを勧めています。

日本の英語教育のように、「中学ではここまでのレベル、高校ではここまでのレベル」と段階を設けているのが良くないのだそう。

日本人はどうしても100%理解しなければいけないと考えがちですが、そうした意識から抜け出す必要があるのではないでしょうか。

たくさんの“わからない”に出会うこと。それこそが勉強なのではないかと思います。

また、もうひとつおすすめの方法としては、「実益を兼ねたジャンルを読む」という方法です。

社会人の方であれば、「仕事で必要な知識を得るための本を英語版で探してみる」ということが考えられます。

その本を読むことで、仕事において大きなフィードバックを得られるわけですから、英語力アップとあわせて、まさに一石二鳥ですよね。

ボクは仕事関係の本に加えて、このブログを執筆するために必要な文章術やデザイン関係の本をこれまでに何冊か読みました。

その本を深く理解すれば、このブログをより良いものにできるという実益があるので、勉強という意識が入り込まず、興味深く読むことができました。

「興味」と一言で言っても、「一時的にハマっていること」「昔大好きだったもの」「何となく気になっているけど、なかなか手を出せずにいるジャンル」など多岐にわたります。

あなたの心に眠っている色々な“好き”を掘り起こしてみてください。

とある英語学習者

レベルに合わせて興味のないものを読むって、もう学生時代にさんざんやらされたからなぁ。

ヒラク

レベル関係なく“好き”を読むことで、レベルの方も勝手に上がるような気がします。

多読で英語力アップ!初心者向けおすすめ本・洋書

あなたにおすすめしたいのは、以下の10冊です。

Short Stories in English for Beginners

初学者の「最初の1冊」におすすめなのがこちらの『Short Stories in English for Beginners』

使用されている英単語は中学レベルのものばかりで、イラストもあり、スラスラ読める。

多読でまず必要なのが「はじめの1冊を読み切る」ということ。

こういう本だと「簡単だけどつまらない」ということがありがちだけど、本書は読みごたえ十分。

本書を利用して、英語本を読み終える充実感を味わいましょう!

ヒラク

イラストや注釈もついているので、初心者でも安心!

The Elephant Man

先ほど紹介したGraded Readersの中からおすすめしたいのが『The Elephant Man』

中高生でもサクサク読めるレベル。Oxford Bookworms LibraryシリーズではLevel 1と最も易しい難易度。

頭部が肥大化していることにより、見世物として扱われ辛い日々を過ごしていた主人公が、医師との出会いにより人生の転機を迎える。

モノではなくひとりの人間として、人と出会い、美しい景色を眺める時間。

ところが、幸せな時間も長くは続かず…。

辛く悲しい人生。だからこそ短い時間の“幸せ”が強烈な光彩を放っている。

ヒラク

読みやすい英文でありながら、とても奥深いストーリー。人生における「ある一瞬」の重さを感じます。

Inspector Logan

こちらもGraded Readersの中でLevel 1に分類されている『Inspector Logan』

女性警察官である主人公が、とある失踪事件に向き合うストーリー。

失踪した女性の足跡を追っていった主人公は、一人の男性を突き止めるが、事件は思わぬ方向に展開していく。

英文自体は易しめでありながら、物語の世界を彩る英語表現がバリエーション豊かな印象。

同じ主人公でlevel 2・3に続編があるので、サスペンス好きな方はそちらもおすすめ。

ヒラク

警察モノならではの重厚感アリ。シリーズ化されている点も多読学習者にとってはうれしいポイント。

BARACK OBAMA

ノンフィクション系でおすすめなのがこちらの『BARACK OBAMA

米国史上初のアフリカ系アメリカ人大統領となったバラク・オバマ氏の半生をつづった1冊。

彼の意外な生い立ちや、オバマ家のエピソードなどを簡単な英文で読むことができる。

個人の伝記を通じて、ひとりの人物の後ろにある時代の空気感や熱気を感じとることができるのが楽しい。

同シリーズでは他に、イーロン・マスクやフレディ・マーキュリーの伝記を読むことができる。

ヒラク

文中にたくさんの写真が掲載されていて、理解を助けてくれます。

Wonder

世界中で高い評価を得た児童書『Wonder』

遺伝子疾患により顔に重度の障害を持って生まれた少年が、10歳にして初めて一般の小学校に通うようになる物語。

映画化もされ、アマプラで観ることができる。

300ページ余りとなかなかのボリュームだが、児童書なのでサクサク読める。

物語の世界に引き込まれ、「普通って何だろう?」ということを考えさせられた。

感動やきれいごとだけでは終わらない深い、深い物語。

ヒラク

多読向けとして多くの方が推奨している1冊。そのストーリーは言葉の枠を超えて、ボクたちの心に響きます。

Rita Hayworth and Shawshank Redemption

映画『ショーシャンクの空に』の原作『Rita Hayworth and Shawshank Redemption』

映画版とは異なる描写もあり、映画でストーリーを把握している方もあらためて物語の世界を楽しめると思う。

どん底にあっても、希望を捨てないこと。主人公の生き様に教えられることは多い。

英文自体は易しめで、ボリュームも130ページ程度とコンパクトなので初心者の方でも無理なく読めるはず。

多読の素材選びとして、自分の好きな映像作品(ドラマ・映画・アニメ)の原作を探すという方法もおすすめ。

ヒラク

映画版はamazon prime video等で視聴可能。先に映画でストーリーをつかんでおくってのもいいかも。

Life on the Refrigerator Door

互いに忙しい日々を送る母子が、冷蔵庫にメモを張り付けて会話をする。そのやり取りを綴った『Life on the Refrigerator Door』

ある親子の、感動の物語。

メモだけの本当にシンプルな本。けどシンプルであるがゆえに、情景が浮かびやすい。

わからない単語がある中で、物語の世界をイメージしながら読み進めるトレーニングにうってつけ。

1ページに一言のメモだけ、ということも多いのでサクサク読み進めることができる。

メモだけで物語を展開させるなんて…。天才じゃん…。

ヒラク

大切な人をもっと大切にしなきゃ、と思える1冊。ボクはこの本と巡り会えてよかったです。

The Firm

ジョン・グリシャム著『The Firm』

ハーバードのロースクールを首席で卒業した主人公は、多くの誘いがある中で、アメリカ南部・メンフィスの法律事務所に就職する。

破格の厚遇で主人公を迎え入れた法律事務所だったが、その事務所には裏の顔があり…。

英文は比較的易しめで、多読初心者向き。法廷シーンなどもなく、法律用語も出てこない。

またストーリー展開が早く、飽きることなく物語の世界に没頭できる。

大人が楽しめる、上質のサスペンス。

ヒラク

自身も弁護士として活動する著者。多くの「法廷サスペンス」を出版しています。

Better Than Before

習慣の力に焦点を当てた本『Better Than Before』

著者は良い習慣を身につけることで、日々の生活は自動的に改善されていくと主張。

その上で、そうした習慣を身につけるために必要な戦略や、習慣の効果的な維持方法を解説。

自分のライフスタイルを少しずつ、着実に良くしていくためのハウツー本。

高尚な理論ではなく、著者の実体験メインなので内容も理解しやすい。

実用書の入り口としておすすめ!

ヒラク

英文は易しめだけど、かなり実用的。日々の生活に直結できることばかりです!

Who Moved My Cheese

世界的ベストセラー「チーズはどこへ消えた?」のオリジナル版、『Who Moved My Cheese』

日本語版で読んだことがあるという方も多いのでは?

ジャンルとしては自己啓発本になるが、童話のような親しみやすさもあるので、初心者の方にも手にとってほしい。

読みやすさとは裏腹に、非常に深いテーマを扱っているのも特徴。

変化を恐れるのではなく、変化の渦の中に飛び込んでいく勇気を持つこと。

あなたの背中をそっと押してくれる、そんな1冊。

ヒラク

簡単な英文を通じて、いろいろと考えさせられる1冊。

番外編①:amazon kindle unlimited

多読をするうえで外せないのが、アマゾンの「kindle unlimited」

初めての利用であれば、最初の30日間は無料体験ができるので、お試しで登録してみるのがおすすめ。

2カ月目以降も月額980円と、本1冊の価格で数えきれないほどの本を読める。

個人的な感想としては、あまり読むことのないジャンルにも気軽に手を伸ばせるので、読書の幅が広がるのがうれしいポイント。

ハリーポッターのような定番を読める一方で、多読初心者向けのラインナップも充実している。

ヒラク

定額なので、心置きなく「つまらなかったらやめる」ができます。

番外編②:英字新聞 the japan times alpha

もうひとつオススメしたいのが、「週刊英字新聞 the japan times alpha」

リスニングやニュース英単語帳など、価値あるWEBコンテンツも利用し放題で月額1,450円とかなりお得。

こちらの特徴は、「単語や文法の解説が充実している」こと。

英字新聞というとめちゃくちゃ難しそうなイメージがあるけど、the japan times alphaは初心者でも取り組みやすい。

ボクはTOEIC800点を超えてから購読したけれど、もっと早くから始めておけばよかった。

ヒラク

ニュース記事をスマホやPCで読むのではなく、「紙で読む」ということが、多読の効果をより高めてくれるように感じます。

※おすすめのノンフィクション洋書は、以下の記事にまとめています。

まとめ:英語の多読を楽しもう!どんどん難しいものに挑戦しよう!

いかがだったでしょうか。

ボク自身の読書歴の中から、初心者の方におすすめの多読本をピックアップしてみました。

さて、最近話題のChatGPTをはじめとするAIは、ディープラーニングと呼ばれる学習プロセスをとっていることでよく知られています。

ディープラーニングとはつまり、膨大な事例に触れることで大量のデータを蓄積し、学習対象のパターンを認識していくプロセスのことです。

多読はこのディープラーニングに似ています。たくさんの英文を読み、少しずつ「英語ってこういうものだ」とつかんでいく学習法です。

そして、今の時代、この学習法が簡単にできるようになっています。

多読という点で言えば、amazonをはじめとするサイトに無限ともいえる読書対象があり、ワンクリックで簡単に手に入りますよね。

個人的に多読に取り組んだことで、「試験のための勉強」の外に飛び出すことができたと同時に、「試験のための英語力」では本物の英語の世界では通用しないことを身をもって理解することができました。

多読を通じてさまざまなことが見えてきて、さらに英語学習に対するモチベーションが上がりました。

この記事があなたの英語学習においてもよいキッカケになれたなら、とてもうれしく思います。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

※多読において辞書を使わないほうがいい根拠などは、以下の記事にまとめてあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次